ラクトフェリンで花粉症対策!来年の春に余裕で過ごそっ

花粉症について

「花粉症の人!」と聞くと、結構多くの人が手を挙げますが、その数は一体どのくらいいるのでしょうか。国民の4人に1人は花粉症と言われており、その数は3300万人とも言われています。
特にスギ花粉のアレルギーという人が増えているようです。スギ花粉のアレルギーという人はここ10年で爆発的に増えていることが顕著です。
確かに、周りの人を見ても年々花粉症の時期に辛い思いをしている人が多くなっている気がします。
そして、年齢関係なくその傾向が見られるような気もします。

 

花粉症というのは、一般的には春先に天気予報などでも言われていますが、実際は1年中あり得るものです。
しかし、どうしても春先の花粉症としてスギ花粉が注目されていますが、それはスギそのものが多いためです。
日本には多くのスギがあるために、どうしてもスギ花粉のアレルギーも比例するかのように多くなって行きます。

 

スギ以外には、ブタクサやイネ科の花粉症もありますが、これはスギに比べるとそう多くはありません。
患者数は少なくても、あらゆる植物に花粉がありますので、花粉症は年間を通じて存在するということになります。
秋にも少し患者数が多いとも言われていますが、春と秋どちらの季節の花粉にも反応するというような人もいます。

ラクトフェリンについて

ラクトフェリンについては、花粉症に効果のある成分として注目されています。ラクトフェリンはミルク+鉄が語源となっています。
花粉症に効果があるというと、花粉症だけ?と思われる人もいるかもしれませんね。
実際のところは、花粉症をはじめアレルギーに効果があると言った方が正しいでしょう。
しかし、アレルギーと言えば花粉症が一番患者数も多いこともあって、その代表とも言えます。

 

ラクトフェリンはアレルギーを予防する効果や改善する効果があると言われていますが、その理由はふたつあると言えます。
ひとつは、免疫力を向上させる効果によってアレルギーを改善することができるということと、もうひとつは腸内環境を良くすることでアレルギーを起こさせないようにすることです。
このどちらも、アレルギーには関係のあることです。
免疫力はなんとなく分かるけど、どうして腸内環境とアレルギーが関係してるの?と思われる人もいるかもしれませんが、アレルギーの人は腸内環境を良くする(便秘を解消する)だけで、効果があることが分かっているからです。逆からの考えもしかりで、腸内環境の悪い人はアレルギーの人が多いようです。
そして、いま日本人の多くは便秘もしくは便秘傾向があると言われています。
また、子供達も食生活の変化もあって、便秘の子が多いとか。
アレルギーが増えるのも妙に納得してしまいますが、これらの要因をラクトフェリンが解消してくれます。

 

ラクトフェリンの口コミで比較 

参照サイト

http://lactoferrin-hikaku.com・・・ライオンのラクトフェリンVS森永のラクトフェリン 口コミ徹底比較
http://xn--100-2i4bobza9l6d3d8dp2iq056c.com・・・ラクトフェリンサプリはどのサプリを飲めばより効果を実感できるのか?

今日からできるラクトフェリンサプリ

ラクトフェリンがふたつの方向から花粉症を改善してくれるということが分かりましたが、問題はこのラクトフェリンをどうやって手に入れたらよいのか?ということです。
ラクトフェリンを食品から摂取しようと思っても、事実上無理と言えます。
それは、含まれている食品そのものが少ないだけでなく、それらの食品は加熱処理した場合はラクトフェリンも破壊されてしまい、結果食べたとしてもラクトフェリンを摂取することはできないからです。
ここまで来ると本当に難しいと言えますね。
また、加熱していない状態でラクトフェリンを摂取できたとしましょう。次はそれが何日も続けることができるかどうか?です。
続けることで効果を見いだせるのですから、今日や明日だけでは意味がありません。

 

結局、私たちはラクトフェリンを摂取するのにサプリメントに頼らざるを得ないということになります。
そして、そのラクトフェリンサプリは数多く発売されており、その種類によって商品の方向性も違うので、どれを選べばいいのか分からないということになります。
ラクトフェリンが花粉症に効果があるので、とりあえずは100mg以上は摂取したいものですし、できれば乳酸菌やオリゴ糖を一緒に摂取できるのであればさらにいいでしょう。

ラクトフェリンサプリの飲み方

ラクトフェリンサプリを飲むならより効果的な方法で飲みたいと思うでしょう。
しかし、ラクトフェリンサプリは薬ではないので、明確な飲み方を提示することはできません。
とは言っても、ラクトフェリンの特性を考えると、おのずと飲み方について分かってくることがいくつかあります。

 

【飲むのは寝る前】
ラクトフェリンサプリは飲むなら寝る前が良いとか。それは、ラクトフェリンサプリそのものが胃酸や消化酵素の影響を受けやすいためです。
簡単に言えば、寝る前は夕食の消化も終わっており、胃酸もあまり出ていませんし、消化酵素の影響も受けにくいと言えるからです。
しかし、このことはそれぞれの生活が違うように、寝る前に食事をしているという人もいるでしょうから、できるだけ食後時間が経ってからが望ましいということは覚えておきましょう。

 

【腸で溶けるものを選ぶ】
さきほども説明したように、胃酸と消化酵素に弱いことが特徴としてあるラクトフェリンですから、腸まで届いて腸で吸収できるようなタイプが望ましいと言えます。
腸まで届くようにコーティングされたものですと満点です。
とはいっても、それぞれのサプリメントが効果を発揮できるように作られているので、それぞれの良さを見極めつつ選ぶようにしましょう。

 

ライオンのラクトフェリンを比較